スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

8.27「低周波音問題交流会」報告 


 表記、交流会を8月27日府中市グリーンプラザで開催いたしました。以下、報告と現状、今後の構想を簡単にお伝えいたします。

一、「低周波音問題交流会」報告
 第一回目の実行委員会準備が開かれたのが5月28日です。以後、8名の実行委員と世話役団体としての我々の会が協調して9回の準備会を開き、相談しながら8月27日を目指してきました。
 当日の交流会参加者は40名。うち、被害者5名。被害者実行委員であって参加出来なかった者3名、趣旨に賛同しつつ、実行委員会にすら参加出来なかった被害者3名の6名は1名が匿名性確保のため、5名が体調不良のため欠席となったものです。
  内容は第一部で、私が交流会準備会の経過説明と今後の「低周波音問題研究会」創設提案をした上で、①藤田容子実行委員長の基調報告、②飛び入りでのHさんの被害報告、③1970年代から低周波音被害者の相談を受け診断をされてきた医師の汐見文隆先生の講演がなされました。1時15分に開始して、第一部終了で4時35分です。
 第二部は4時55分から被害者でもあるAさんに司会をゆずり、①Aさんの被害報告、②Aさんの座持ちでの参加者の意見表明・質問・被害者の訴え・意見交換が行われました。また、この中で測定会社代表からの測定事情の簡単な現状報告もなされました。
 第三部は既に6時25分からという遅い状況で簡単なご挨拶をいただくことしか出来ませんでしたが、この日の会場で「低周波音問題研究会」の「呼び掛け人」、「事務局員」になると意思表示をされた方の心のこもったお言葉を頂戴しました。発言者は、萩久保幸子さん、相馬千春さん、石塚正英さん、松田健二さん、小山笑太さんの5名です。その上で、私が本日から「低周波音問題研究会準備会」を発足させてよろしいかと参加者に問い、ご賛同を得て、準備会発足を宣言しました。
  最後に、実行委員会副代表の松井清三郎さんから、皆様に深いお礼の気持を込めて、発言者一人一人の発言の要約を再紹介した上で、今後の低周波音被害者の「被害救済」と「発生予防」の運動に向けて「低周波音問題研究会」とそれに向けての準備会をよろしくとのご挨拶がなされました。
 終了が丁度7時。20分間の休みをはさんだだけの6時間近くの長丁場の会合となりました。

二、反響と現状
 準備過程で8月23日には環境省記者クラブで藤田代表、松井副代表及び被害者3名と実行委員会メンバー3名の計6名で5社(時事通信、朝日新聞、産経新聞、NHK、不明一社、他に北海道新聞とは挨拶のみ)と記者会見をしていました。産経新聞には8月24日に「8.27低周波音被害者交流会-実態を知って」という趣旨の記事が出ました。
 8.27当日には4名の撮影隊でNHKが取材に来ていました。昼前に来て、4時過ぎまで撮影し、別室で代表の藤田さんのインタビューも取っていかれました。
 これが少なくとも四波に渡って放送されました。①当日18時、総合TV全国ニュース(90秒間)、②当夜1時過ぎ「ラジオ深夜便」、③翌朝7時ラジオニュース、④インターネットニュースNHK(画像つき)です。
 この反響が様々にありました。まだ、問い合わせの電話はおさまっていません。本日、この原稿を書いている時点で13名の方が新規発掘の被害者であり、1名が加害者からの相談です。事務所への被害者の訪問も三組ありました。
 今週も来所予約が入っています。
 この一週間は被害者からの訴えに、ほぼ忙殺されました。それ以外のことは出来ていないのが現状です。
 被害者からの話は①まず、被害態様の訴えに非常に広い幅があります。一人一人が自身の身体で生じている反応ですから、主訴を強調しますが、その主訴に個人差が大きいと同時に、アンケートのような形で個別反応を聞いていくと主訴以外の反応も幅広く生じています。そして、その主訴以外の訴えも含めると、かなり共通する幅の広い同様の反応が起きています。
 ②また、全く、我々が想定しなかった反応もあります。これは聞き取りを続ける中で、蓄積しつつ、考えていかなければならないことでしょう。
 ③共通する想いとして、理解してくれる人がいないという廻りへの不信感があります。これこそが、医学、工学、行政が見捨て、切り捨ててきた結果なのでしょう。孤立感による苦しい話、辛い話は必ず付随しています。
 ④そして、行政と企業は被害者の話を聞くかぎり、間違いなく環境省が2004年6月22日に出した「苦情に対処するための参照値」を使用して、実際に苦情として切り捨てています。全くひどい話だと思いますが、官僚が仕事をしないために法治制度はこのように活用されているということなのでしょう。
  ⑤行政指針が、「苦情に対処するため」という水準を超えていない(別言すれば、今後、問題として取り上げることはあり得るということ)ため、加害者として名指しされた人も困惑している実体が一部にはある、ということです。加害者といえども法人でなく、自然人ならば、あたり前の反応です。
 ⑥他に、「弁護士を紹介してほしい」、「カウンセラーを紹介して欲しい」という声も寄せられていますが、これには、現状では全く応えられません。また、診断し、診断書を書いてくれる病院が汐見先生以外にK大学病院がある、という話もありますが、それを否定する話もあり、我々には確認出来ていません。
 総じて、被害者との対応のみに追われた一週間だったと言ってよいのが現状です。

三、今後の心づもり
 我々は8月27日に確認された「低周波音問題研究会」を年内11月頃に立ち上げる心づもりです。そのために、日程調整をして近日中に研究会準備会開催を呼びかけるつもりです。
 ただ、関係者に礼状も出しておりません。日程打診等は一週間程度、お待ち下さい。
 また、事前に明らかにしておいたように「交流会報告書」も出さなくてはなりません。幸い、既に内田通夫実行委員会副代表から骨格案は出されております。これを基に、しかし、忙しいですから、11月には出そうと考えております。
 我々は苦情処理問題とされている低周波音被害問題が近代工学、通貨(価格)膨張、過剰成長、統治権力の無責任のために生じている問題なのだということをゆっくり解明していくつもりです。その為に被害者からの訴えを着実に蓄積していくつもりです。
 まずは、準備会から研究会という道をたどりますが、智慧も力も名前も足りません。実際には専門家と呼ばれる方の力と人手が最も足りません。心を寄せて下さる方の力を借りたいというのが心づもりです。
 それなくしては一歩も進めません。よろしくお願いいたします。
 以下、既に心と智慧と力を低周波音問題研究会設立へ力を貸して下さると表明された方の名前を記して置きます。この名の列に自らも加わると表明される方の我々への連絡を待ちます。
 なお、肩書きは当方が把握しているものを見知らぬ方のために勝手に付けました。ご本人、関係者からの申し出があれば、後ほど訂正することがあるとご承知下さい。


________________________________________________________

低周波音問題研究会賛同人(順不同)
【呼び掛け人】
  松井 清三郎(横浜市営地下鉄4号線反対者)
  内田 通夫(支援者)
  西 兼司(支援者)
  萩久保 幸子(被害者)
  相馬 千春(支援者)
  石塚 正英(東京電機大学教員)
  松田 健二(社会評論社代表)
  成畑 哲也(応援者)
  柴田 隆行(東洋大学教員)
【世話人】
  西 兼司(世話人代表)
  藤田 容子(被害者、低周波騒音研究会代表)
  松井 清三郎
  渡邉 一弘(支援者)
【事務局員】
  渡邉 一弘
  芦澤 俊(支援者)
  小山 笑太(支援者)

他に会員になるとの意思表明者が8.27当日で11名ありました。
以上

平成18年9月4日
代表 西 兼司
(平成18年9月24日追加)




スポンサーサイト
[ 2006/09/04 21:58 ] 低周波音問題交流会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tikyuunimiraio.blog53.fc2.com/tb.php/8-31730e6e




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。