スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

機関誌『地球に未来を』第13号が発行されました! 

機関誌13号(地球に未来を)


 機関誌『地球に未来を』第13号が発行されました。当初は昨年(平成18年)の11月に発刊する予定でしたが、様々な困難が会を襲い、年を越え2ヶ月程遅れて、やっと完成に漕ぎ着けたという状況です。  また機関誌を直接見て頂けたら分かりますが、奥付の発行日が1月27日となっていますが、実際に完成したのは2月13日で、これも1月27日に合わせて出したデータに致命的なミスがあったためです。会員や原稿執筆者の方々には大変なご迷惑をお掛けすることになってしまいました。
 しかし今回の機関誌は、前々回や前回に比べ、ページ数が20頁程少ないですが、編集を担当した者として、スマートでありながら中身は濃いものに仕上がったと、自負しています。
 目次を見て頂ければ分かりますが、相当な数の原稿が集まり、また友の会の側でも、会員による東南アジア紀行文、「低周波音問題取り組みの軌跡」、「“地球に未来を”講座報告」とある程度、形となった報告ができたと思います。環境問題月報にも今までで最も力を注ぐことができました。過去の機関誌に比べ、全体的に整いつつあると印象を持っていただけると思います。
 ただ基本的なパソコン技術しか知らない素人が四苦八苦して作ったことは事実であり、欠点や不備は数えるほどあります。力石先生の原稿では校正のミスの修正が間に合わず、訂正の紙を本に挟み、対処するという不手際を起こしてしまいました。そのようなミスは数える程あります。
 しかし、「次はこの機関誌の中身を超えるようなもの作るぞ」という、会の中で目標となり、強い動機付けとなるようなものが出来たことも事実です。読んでもらえれば、非力であり漠然とながらも、何とかモチベーションを持続させて、会は進んでいることは感じて頂けるのではないでしょうか。
 このように様々な困難を抱えながらも、何とか完成させることが出来た機関誌を是非ご一読ください。

13号目次


 機関誌を希望する方は、どのような通信手段でも構いませんので、事務局の方に、機関誌を希望する旨の連絡をお寄せください。
 皆様からの問い合わせ、お待ちしております。

芦澤 俊
スポンサーサイト
[ 2007/02/13 22:24 ] 低周波音問題交流会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tikyuunimiraio.blog53.fc2.com/tb.php/27-3356a7c0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。