スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

会の自己紹介 



 我々の会は、東京都府中市に本部事務局を置く、主に、武蔵の国(東京都、埼玉県と神奈川県の一部)と相模の国(神奈川県)の住民を対象とする、環境問題を(他の諸団体よりも)相当に深刻な問題だと考え、一部ではなく、全体そのものを把握し、解決策を模索していかねばならないと考えている団体です。もとより、環境問題解決は研究や思索によって図られるはずもないのであって、実践を指向してはいますが、非力さゆえに実際には十分に実践的であるとはいえない団体でもあります。
 平成十七年二月、創立者代表である宮本昭市氏が引退し、西兼司が代表を後継することになりました。同年六月、宮本氏の急逝といった事態を乗り越えながら、理念や規約の改定に取り組み、会運動の今後についても会の性格、事業、方向性について検討を重ねてきました。
 現在、会の運営は平成十七年九月二十四日の通常総会で改訂された規約に基づき、毎月一回の運営委員会を開いて、討論し、確認しながら進めています。
 実際の活動は①年6回ほどの「地球に未来を」講座の開催と、②「武相友の会通信」の発行と、③機関雑誌『地球に未来を』の年二回発行をし続けることですが、それが出来るのか、それだけでよいのかも運営委員会の俎上に乗っています。
 模索的活動として平成十七年から「武相地区環境問題報告会」を始めました。第一回目は平成十七年四月二十四日、「武相地区の環境問題聞きたい?知りたい!会」を9団体の方々に集まっていただき開催しました。今年第二回目として平成十八年八月二十七日に「低周波問題交流会」を低周波音被害者の方々に役立つ形で実施しようと努力しています。他に毎月(原則)第一木曜日夜、勉強会(「新聞を読む会」等々)、年一~二回の理論合宿をしています。
 我々の実感では思索の全体性へ向けた実践を模索している環境問題への取り組み団体は思いの外少ないので、我々の存在意義はあるのではないか、と自認しています。従ってそうした団体として、実は武相地区にとらわれることなく、常に新しい会員を迎えたいと願っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tikyuunimiraio.blog53.fc2.com/tb.php/2-c22915ef




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。