スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

環境問題情報サイト「未来への窓」 

 かねてより懸案の「環境問題情報」をインターネット上に公開する運びとなりました。
 サイト名は未来への窓です。(サイト名をクリックすると「未来への窓」へ移動します。)
 ぜひ、ご覧ください。
スポンサーサイト

会活動休止のご案内 

 平成19年度の会活動を休止することにいたしました。
 私の体調が悪く、うまく会活動をリード出来ないためです。会員の皆様には一年ないし、二年の休止期間の後、再建を呼び掛けることで了解していただいています。ただし、休止が解散に繋がる可能性もあるということは見詰めていかなければなりません。
 そこで、会活動休止が解散に繋がらないよう、いくつかの手を打っておこうと思います。
 第一に“地球に未来を”武相友の会の活動の中から生まれて組織的に活動を開始した「低周波音問題研究会」の活動は引き続きこのブログで案内等の告知を続けようと思っています。
 「低周波音問題研究会」そのものも近々、ブログ等を立ち上げると思いますが、その時はその時でご案内いたします。
 第二に武相友の会内部で作成し、今迄は『地球に未来を』誌上で「環境問題月報」として記事化していたものについて、今後はこのブログに連携させた形で、随時、「環境問題情報」として公開していきます。
 第三にこのブログは維持していくということですが、とすれば、武相友の会を逸脱しない範囲で、時々、若干の記事も書いて行くということです。
 以上、三点をもって、休止中の動きとしたいと思いますので、ご了解下さい。

以上
平成19年5月22日
“地球に未来を”武相友の会
代表  西 兼司

「核政策」、「核兵器」を真面目に見詰めよう 

平成18年10月9日
代表 西 兼司

 北朝鮮核実験実施というニュースの中で、第32回講座を迎えることになりました。テーマは「再起動する原発政策の問題点」です。講座の前に、その講座への参集を訴えるために、表記のことについて私見を若干、述べておきます。
 本日、午前11時30分頃、ニュースを見ようとしたところ、「北朝鮮地下核実験実施」という第一報が入ってきました。後はテレビのどの局を見ても関連ニュースの洪水です。「核実験にしては規模が小さすぎる」、「目的が核兵器保有阻止であった以上、六者協議という枠組みは意味を失った」などという識者コメントも伝えられています。

機関誌『地球に未来を』第13号の原稿を募集しています。 

 地球に未来を』第13号の原稿を募集しています。その案内を会の紹介かたがたしておきます。 我々は年2回、機関誌を会の外に開かれた環境問題の雑誌として発行しています。毎回、大学の諸先生、NGO団体の実践家、冒険家的研究者、真面目な大学院生などが心良く寄稿して下さっています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。